水耕栽培、昆虫、人工肉。どのような見通しですか?ダリオ・ドンゴ弁護士が答える

親愛なるダリオ、

17月20日にラヴェンナで行われた選挙集会での農業生産の問題とその落とし穴についてのあなたの議論は非常に興味深いものでした。私は、遺伝的無政府状態の閾値としてのXNUMXの突然変異の問題にショックを受けました...これらはブリュッセルとストラスブールで戦われるべき重要な戦いであり、私はこのことが発効しないことを本当に望んでいます。

いくつかの問題が省略されていますが、以下に関するあなたの「素人」の意見を知りたいです。

– 工業モードの水耕作物

– 昆虫由来の小麦粉

– 人工肉。

あなたはそれについてどう思いますか?

注目してくれてありがとう、

エリサ


親愛なるエリサ、

ポイントでお答えします。

1) 工業モードの水耕栽培作物

植物 それらは土壌で自然に成長し、そのミネラル要素だけでなく、その本質的な遺産を構成する微生物からも栄養を与えられます。 見たことがある.

それは無意味だと思う 養分(通常は合成養分)を加えて水中で植物を育てますが、放棄された土地が多い我が国のようにその必要がない場合はなおさらです。

2) 昆虫由来の小麦粉

昆虫 それらは太古の昔から消費されており、今でも少なくとも1,5億人が消費しています(例: メキシコ)。しかし、カタツムリやカタツムリを除けば、それらは私たちの食文化には属しません。 カスマルス 昆虫粉がイタリアで成功する可能性は非常に低いです。生産コストが高いという事実だけを考えると、有機鶏肉の肉を3倍にします。

3) 人工肉

ファイナンス は細胞農業に多額の投資を行ってきましたが、肉や魚の細胞を工業規模で生産することは、非常に高価で(10.000kgあたり約XNUMXユーロ)、実験室での生産に比べて「拡張性」がないため、依然として不可能です。動物由来のタンパク質に代わるタンパク質の生産における近い将来は、代わりに、 マイコプロテイン そして中 微細藻類.

昆虫と細胞農業 私は今だけです偽りの敵'。難読化するのに役立ちます 本当の問題 私たちの農業のこと。

ダリオ・ドンゴ



Translate »