生分解性の「食品接触材料」の「使用期限」? ダリオ・ドンゴ弁護士が答える

親愛なるドンゴ弁護士、

生分解性の「食品接触材料」(FCM)は、食品と接触することを目的とした材料や物体(MOCA)としての実際の使用に関係なく、長年にわたって自然に分解する傾向がありますが、ラベルやデータシートには記載されていません。 「使用期限」手法、つまり使用できる期限。 この点に関して何か規制上の要件はありますか?

食品法の普及における貴重なご尽力に感謝し、エンリコ氏に心からご挨拶申し上げます。


Agri-FoodSystemsの弁護士DarioDongo博士が回答

親愛なるエンリコ様

食品と接触することを目的とした材料および物品の一般規制は、現在は廃止された食品接触材料規制 (EC) No 1935/2004 (FCMR) に含まれています。 (1,2) 規制 (EC) 2023/2006 では、コンタクト材料のすべてのグループに関して業界によって開発された適正製造基準 (GMP) が導入されました。 (3)

FCMRは、欧州委員会が特定のグループの材料とその組み合わせ、つまり原材料として使用されるリサイクル材料に対して特定の措置を採用する可能性があると予見していました。 したがって、「食品接触材料」(または MOCA) の製造におけるプラスチック材料の使用は特定の措置の対象となり、その結果、規則 (EU) 10/2011 が制定されました。 (4)

その後、保健食品安全総局 (DG SANTE) は、規制の適用に関するガイドを発行しました。 (EU) いいえ。 10/2011、特にサプライチェーン内で提供される情報に特化しています。 (5)

包装および包装廃棄物に関する一般規定は、代わりに指令 94/62/EC (間もなく包装および包装廃棄物規制 (PPWR) (6) に置き換えられる予定) および使い捨てプラスチック指令 (EU) 2019/ に含まれています。 904 (SUP)、(7) は、前述の規制と指令 2008/98/EC (廃棄物フレームワーク指令、WFD) の両方に関する特殊なレックスを表します。

1) プラスチックおよびバイオプラスチックにおける「食品接触材料」、EU 規則

材料とオブジェクト バイオプラスチックを含むプラスチック材料で作られた製品は、次の場合にのみ市場に出すことができます。

  • 当該技術分野の要件に準拠している。 レギュラーの3。 (EC) n. 1935 年から 2004 年まで、予見された、予見可能な使用条件の下で、
  • 当該技術分野で言及されているラベル要件に準拠していること。 レギュラーの15。 (EC) n. 1935/2004、
  • 当該技術分野で言及されているトレーサビリティ要件に準拠しています。 レギュラーの17。 (EC) n. 1935/2004、
  • 規制で定義された適正製造基準に従って製造されています。 (EC) n. 2023/2006 年も同様
  • 規制の第 II 章、III 章、および IV 章で言及されている宣言および構成要件に準拠していること。 (EU) いいえ。 10 年 2011 月。 (8)

1.1) 一般的な要件

一般的な要件 芸術によって提供される。 FCMR の 3 では、(通常の使用条件または予見可能な使用条件下で) 食品への成分の移行を回避するために、食品と接触することを目的とした材料および物体が GMP に従って製造されることを要求しています。 (9)

ラベリングさらに、素材や物体の広告や表示は、消費者を誤解させてはなりません。 (10)

1.2)ラベリング

必須情報 「食品接触物質」のラベルに報告されるべきものは次のとおりです。

  • 欧州連合に設立され、市場に出す責任を負う製造業者、加工業者、または販売者の名前または会社名および住所、
  • 言葉遣い'食品との接触による' または、Reg. (EC) No 1935/2004 (FCMR) の附属書 II で参照される使用またはシンボルの特定の表示、
  • 必要に応じて、安全かつ適切な使用を保証するために従うべき特別な指示、
  • 材料またはオブジェクトのトレーサビリティを保証できるバッチまたはその他の識別コード。

1.3) 適合宣言

適合宣言 有効な規定に対する「食品接触材料」の適用は、FCMR の第 IV 章に定められた一般規則に従います。 プラスチック材料の食品(MOCA)と接触することを目的とした材料および物品の B2B 販売には、製品を簡単に識別できる、責任ある事業者 (11) からの書面による宣言 (12) が添付されなければなりません。 FCM からの移行の変化を決定する組成または製造における重大な変化、またはこの点に関する新しい科学的データが出現します。

規則 (EU) 10/2011 の附属書 IV は、適合宣言で報告される情報を示します。

  • 適合宣言を発行する経済事業者の身元および住所、
  • プラスチックの材料や物品、製造の中間段階の製品、およびそのような材料や物品の製造を目的とした物質を製造または輸入する経済運営者の名前または商号および住所、
  • 製造の中間段階における材料、物体、製品、およびそれらの材料や物体の製造を目的とした物質の正体、
  • 宣言の日付、
  • 製造の中間段階にあるプラスチック材料または物品または製品、および上記の物質が関連要件を満たしていることの確認、
  • 使用された物質またはその分解生成物に関する適切な情報、
  • 食品中の制限物質に関する適切な情報。これらの物質または物品の使用者が関連する EU の規定を遵守できるようにするため、または該当する EU の規定を遵守できるように、特定の移行レベルおよび必要に応じて純度基準に関する実験データまたは理論計算から得られます。このうち、食品に適用される国の規定、
  • 材料または物体の使用に関する仕様。i) 接触することが意図されている食品の種類。 ii) 食品と接触した状態での処理および保管の期間と温度。 iii) 食品と接触する表面と適合性が確認された体積との最大比、
  • 多層材料または物品で機能性バリアを使用する場合、当該材料または物品が要件を満たしていることの確認。

3) 結論

適用される欧州規制 プラスチックやバイオプラスチックの「食品と接触する材料」には、「使用期限」の概念さえ考慮されていません。 この情報が任意ベースでのみ提供された場合、欧州の立法者は食品情報規則 (EU) No 1169/11 で実際に行われているように様式を定義する必要がありました。

適合宣言 その代わり、包装の保存については何も規定しておらず、代わりに、保管時間や温度など、食品と接触した後の使用条件に焦点を当てています。 そして、この最後のトピックについてですが、 見られるように、「食品接触材料」の産業ユーザーの注意を引く必要があること。

真心を込めて

ダリオ

Note

(1) 食品との接触を目的とした材料および物品に関する 1935 年 2004 月 27 日の欧州議会および理事会の規則 (EC) No 2004/80、および指令 590/89/EEC および 109/27.3.21/EEC の廃止。 最新の統合バージョン XNUMX https://tinyurl.com/29fwwfa2

(2) ダリオ・ドンゴ、パオロ・レボリーニ。 台所用品および食品接触材料、EU における試験条件。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 22.8.22

(3) 食品と接触することを目的とした材料および物品の適正製造基準に関する 2023 年 2006 月 22 日の欧州委員会規則 (EC) No 2006/17.4.08。 統合テキスト XNUMX  https://tinyurl.com/2w4xckzj 

(4) 食品と接触することを目的としたプラスチック材料および物品に関する、10 年 2011 月 14 日の欧州委員会規則 (EU) No 2011/31.8.23。 最新の統合テキスト XNUMX https://tinyurl.com/nhfw38ph 

(5) サプライチェーンの情報に関する、食品と接触することを目的としたプラスチック材料および物品に関する規制に関する連合ガイダンス (EU) No 10/2011。 https://food.ec.europa.eu/system/files/2016-10/cs_fcm_plastic-guidance_201110_reg_en.pdf  

(6)マルタStrinati。 包装規則 (PPWR)、欧州議会がよりソフトなバージョンを承認。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 24.11.23

(7) ダリオ・ドンゴ、ルカ・フォルトラン。 SUP指令、法令196/21。 14.1.22からの使い捨てプラスチックアイテムに関する新しい規則。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 29.12.21

(8) Reg. (EU) No 10/2011、art. 4

(9) a) 人の健康に対する危険を構成する量。 b) 食品の組成に許容できない変化が生じる。 または c) 感覚特性の低下につながります。

(10) FCMR は発表 7 で、アクティブでインテリジェントなパッケージのラベル表示に特に注意を払うことを提案しています。

(11) 芸術による。 レギュラーの16。 (EC) n. 1935/2004。

(12) 規制の規定の遵守を確保する責任を負う自然人または法人。 (EC) n. 1935/2004 年に会社に入社し、彼の管理下に置かれました。



Translate »