14.12.16から始まる強制栄養宣言。 適用されるルールのABC

14年2016月1日の時点で、ほとんどすべての食品(1169)は、規則(EU)11/XNUMXで確立されているように、特定の栄養表示が記載されたラベルで包装する必要があります。 以下は、適用されるルールの要約です。

アプリケーションの分野。 この表は、最終消費者のみに販売することを目的とした包装済み食品のラベルに貼付する必要があります(コミュニティは同等です)。 製品がいわゆるB2B販売を目的としている場合は、商品の配送に付随または先行する文書を介してではありますが、いかなる場合でも情報を提供する必要があります。

栄養宣言 一方、包装済みの製品、バルク製品の販売標識、公共施設の登録簿やメニューには必要ありません。

栄養価、情報源。 宣言される値は「平均値」であり、代わりに以下から抽出できます:

-食品の実験室分析(さまざまなサンプルの重要なアリコート)(2)、
-「使用された成分に関連する(既知または実際の)平均値から作成された」計算、
-「一般的に確立され受け入れられた」データから行われた計算3。

計算に注意してください 材料から始めて行われるため、製造プロセス(例えば、発酵、調理、調味料)に起因する栄養素の変化によって歪む可能性があります。

いわゆる参考文献の使用同様に、各オペレーターが使用するレシピに応じて特定のバリエーションを示す複合食品(たとえば、充填パスタ、焼き菓子、マーガリン、スナックおよびスナック、アイスクリーム)に関しては不可能です。

それはまだ必要です サプライヤーの技術データシートを含め、実行された分析および/または計算の記録を保管してください。

栄養宣言。 必須の栄養宣言には、エネルギー(kJ、kcal)、脂肪、飽和脂肪酸、炭水化物、糖、タンパク質、塩を順番に含める必要があります。 この最後の値は、「ナトリウム相当」として理解する必要があります。つまり、製品に含まれる(任意のソースからの)総ナトリウム含有量に2,5を掛けたものに対応します。 いずれにせよエネルギーの計算に寄与する繊維(2 kcal / gの割合で)は、タンパク質の前にテーブルに挿入することができます(4)。

「比較的」自発的に -「クレームいくつかの相対的な要素の栄養素-モノ不飽和およびポリ不飽和​​脂肪(飽和脂肪の後)、ポリオール(5)およびデンプン(糖の後)を順番に加えることができます。

それらを追加することもできます、かなりの量で存在する場合(6)、塩、ビタミン、ミネラルの後のリスト。 後者は、絶対値と栄養基準値のパーセンテージの両方で宣言する必要があります(7)。

丸めと公差。 欧州委員会は、特定のガイドラインで、栄養素宣言(8)に表示される値の丸め基準と許容範囲を定義しました。その適用は、栄養素とその量によって異なります。

いずれかの値が定義された制限よりも低い場合、個々の栄養素によって異なりますが、(9)「0」または「0,5」(脂肪、炭水化物、糖、ポリオール、デンプン、繊維、タンパク質)、「0」または「<0,1」(飽和)を示すことができます。 、モノ不飽和およびポリ不飽和​​脂肪酸)、"0"または"<0,01"(検出できない塩または<0,0125).10

図は単位で示されています 10を超える場合、10未満の場合は小数点以下0,5桁のみ(ただし、脂肪、炭水化物、糖、ポリオール、デンプン、繊維、タンパク質の場合は0,1を超え、飽和、一不飽和、および多価不飽和脂肪の場合は1を超える)。 ソルトの場合、小数点以下1桁より大きい場合は小数点以下XNUMX桁のみが使用され、小数点以下XNUMX桁未満の場合は小数点以下XNUMX桁のみが使用されます。

エネルギー 常に整数で表す必要があり、相対的な丸めに従って、宣言された栄養素に基づいて計算する必要があるため、その値は許容範囲の対象ではありません(11)。

ビタミンとミネラル、場合によっては、XNUMXつの有効数字(ビタミンA、葉酸、塩素、カルシウム、リン、マグネシウム、ヨウ素、カリウム)で示されなければならない場合があり、他の微量栄養素については少なくともXNUMXつの有効数字が示されます。

100g/mlあたりおよびサービングあたりの発現。 栄養表示は常に100グラムまたはミリリットルの製品を参照する必要があります。 自主的に、重量または体積によって明確に識別された部分に関連する値を追加することができます。 部分を指す場合は、パッケージに含まれる部分の数も示す必要があります(「X個の部分を含む」などの表現で)。

ダリオ・ドンゴ

注意

1規則(EU)1169/11の付属書Vに記載されているものを害することなく

2コストを最適化するために、異なる生産バッチからの複数のサンプルの混合物に対して単一の分析を実行できます(例:「3つの異なるバッチのプールで構成されるサンプル」)

3これらのデータは、信頼できる情報源から抽出する必要があります。 CREA(旧INRAN)が作成した食品組成表 http://nut.entecra.it/646/tabelle_di_composizione_degli_alimenti.html

4エネルギー値の合同性の検証を容易にし、バランスの取れた食事を構成するための好ましい有用なデータについて消費者に通知するために、繊維含有量が存在する場合は常に表に挿入することをお勧めします。

5ポリオールの変換係数は2,4kcal/ gであり、エネルギー値を正確に計算するには、炭水化物の値からそれらの値を差し引く必要があることに注意してください。 また、この場合、ポリオールが存在する場合は、宣言されたエネルギーの一致を検証できるように、それらをテーブルに挿入することをお勧めします。

6登録に準拠。 UE 1169/11、付録XIII、パートA

7 Idem cs

8 CEガイドライン、DG Sanco、2012年XNUMX月

9Cf.ガイドライン最小Ps。 公式管理フェーズで適用可能な分析公差に関する16.6.2016

10注意:テストレポートが分析メソッドの検出限界よりも低い値を示している場合、その値は実際にはゼロです

11 NB:regのAnnexXIVで各栄養素に対して確立された変換係数。 UE 1169/11は、エネルギー値を計算するために、kJとkcalに別々に適用する必要があります。 したがって、kcalの値を変換してエネルギーをkJで計算することは禁止されています。



Translate »